代表的なお仕事

木のペン
オリジナルの木のボールペンと木のシャープペンシルを日本のペン部品メーカーと共同開発しました。
厳選した樹種を使用し使い易さをあらゆる角度から想定、部品一つにいたるまでこだわって作られた一つとして同じ木目のない高級ペンです。
欅の茶筒
銘木として名高いケヤキを使用した茶筒。
蓋を茶筒の口に合わせると、自重で中の空気を排出しながら閉まる程の密閉性と木特有の吸湿性により常に茶葉を最高の状態に保てる他に類を見ない高精度の茶筒です。
なぎそねこ
昔の人の知恵を受継ぐ、長野県の南木曽町で今も着られている防寒着『なぎそねこ』です。

Hello! はじめまして

長野県の木曽、妻籠宿から更に山奥にて、一つ一つこだわり抜いて作った木のボールペン・木のシャープペンシル、茶筒、オリジナルの木製品を制作販売しております。
*木のボールペンの制作風景です(音が出ますので音量にご注意ください)

作り手の裏話・最新情報

情報

ふれあい館

妻籠宿での木のペンの実演販売について

土日祝祭日には妻籠宿の『ふれあい館』にて木のペンの実演販売をしております。職人技によって目の前でペン軸が削りだされて行く様はとても面白く、作り手と直接話すことも出来ます。お近くまでお出かけの際は是非お立ち寄りください。

妻籠宿

妻籠宿について

中山道42番目の宿場町として栄え、経済成長に伴い全国の伝統的な町並みが姿を消してゆく中、いち早く地域を挙げて景観保全活動に取り組んだことが評価され、1976年に国の重要伝統的建造物群保存地区の最初の選定地の一つに選ばれた場所です。
古い町並みは四季折々の景色とあいまってとても美しく観光名所として有名です。