天然木のスピーカー

野原一浩作

無垢板で作ったスピーカーキャビネット
天延木ダブルバスレフスピーカー

通常楽器に合板は使われません、それは天然の木が持つ響きを生かして美しい音を奏でるためです。同じようにスピーカーも音楽を奏でるための楽器だと考えると必然的に合板ではなく天然木の方が良い音がします。
無垢板を使い、組み手を駆使して作り上げたスピーカキャビネットから出てくる音には、使用した木の特性のみが音にあらわれるため、MDF等の合板では絶対に味わえない雑味のない素直な音を味わえます。

バスレフ型スピーカー内部試作バスレフ型
スピーカーキャビネット

背面バッフル板はネジにて脱着式です。
試作品につき、バスレフダクトは固定していません。
FX-120を使用しての感想はメリハリがあり切れ味抜群の音でした。

ダブルバスレフスピーカーダブルバスレフ型スピーカー

寸法:740x190x278mm
材種:タモ、クルミ(前板のみ) 
ユニット:FOSTEX:FX120&FT96H
(参考価格:40万円)
伸びのある低音と細密な再現力で聴き込むことのできる音です。


当店にて試聴してみませんか?

実店舗にて『ダブルバスレフ型スピーカー』を展示しておりますので、お近くにお越しの際にご視聴ください。
当店の視聴用機材
・プリメインアンプ:TUBE WORKS 2A3シングルアンプ(真空管アンプ)
・CDプレイヤー:Marantz SA-15S2